· 

香害:スメルハラスメント対策・着いてしまった匂いを取る方法

過去、別ブログにUPして反響が大きかったものを再掲載しますね!

 

娘(当時、小学校低学年)が、化学物質過敏症のように

「柔軟剤の香りで吐き気や頭痛」

を引き起こすように。

 

もちろん、普段、

家庭生活の中にそういったものはないのですが、

外(いわゆる、よそのおうち)で洗ったものを

彼女が使うというシーンが…

可能性として出て来てしまったわけです。
もう何年も前のことなのでヨシとしますが…
そう。給食エプロンです。
前のコが洗ったものを使うのです。

娘は、そのエプロンを着てお当番をこなして…、撃沈でした。

エプロンを脱いで、食べる時間になっても、匂いが取れなくて
気持ち悪くなってしまって、食べられなかった。
洗ってもらおうと、お家にエプロンを持って帰ろうとしても
カバンやランドセルにも匂いがついちゃうと困るから
エプロン袋をしまわずに手で持って帰ってきたけど、
なんで持ち帰るの?
って言われないかどうかドキドキした、
洗って持ってきてくれたお友達に悪くて、
どうしようかと思った、と
半泣き状態で、持ち帰ったのです。

小学校低学年のコが、そこまで気を使って持ち帰ったことも
なんだか切なかったのですが、
それよりも…なんとかその匂いを落とそうとしたのですが、

2度洗濯機にかけたのですが、落ちない…。

 

我が家では、

ほとんど合成香料モノに縁がありません。

 

天然のもの(エッセンシャルオイル、精油の類)は、

生活シーンに合わせて取り入れますが。

 

なので、ここまで「うひゃ~~~(絶句)」

っていう状況が我が家に起きたのは、初めてのことだったのです。

 

いや、よくよく思い返してみれば、

娘がまだ赤ちゃんだった頃、

ある条件で父親におんぶされると、

ものすごいグズグズに顔をしかめたり、

泣いたりしたことがあって、

それはなにが原因だったか、というと、

なんと外から運んで来た合成香料(美容院帰り、整髪料)のニオイだった、

という事があったわ!そういえば(苦笑)

 

■スメルハラスメント

■香害

こんな言葉をご存知の方もいらっしゃるかと。

 

国民生活センターが異例の呼びかけをしたり、

そのことがNHKのニュースで話題になったり。

 

合成香料の成分が、体に異変をきたす、というわけです。

 

例えば満員電車の中や、人の多い施設や、オフィス、

そしてショッピングセンターなどはもちろん、

ベランダを介して漂ってくるお隣からのにおいで、

ご近所トラブルにもなっている集合住宅。

 

当時はベビーマッサージのインストラクターを勤めていたので、その際にも、

講義などでお話することがありました。

 

小さいコやベビちゃんたちであれば、

自覚症状を自ら訴えることもないので、

本当は親御さんが知っていてほしい知識の1つ。

 

化学物質過敏症や、

ホルモンバランス異常、

皮膚への影響…

 

さまざまなことが考えられます。

 

そういった専門的なことをのぞいたとしても、

「ずっと強い匂いが家中、

そしていつも抱っこしてもらっているママパパからしている」

ということで五感(嗅覚)への悪影響が考えられます。

 

あとは、大人も、

「偏頭痛」

「肩こり」

「疲れ(倦怠感、疲労感)」が取れない、抜けない、と思っていたら、

原因は柔軟剤の香りだった、なんていう笑えない話も、あるのです。

 

しかもこれ、「うちは使ってない」って思ってる方でも、

製品名をお伺いすると…

「そ、それ、ガンガンに入ってるやつですから!!」っていうことも。

 

嗅覚、麻痺してます!!!!!!

 

これは、あらゆる「におい」が

ダメなんだということではありません。

 

合成香料の「化学成分」に、

そういった体への影響が出るような成分が

含まれてるっていうことなんです。

 

なので、天然のエッセンシャルオイル(精油)の香りや、

食べ物が持っている自然な香りがダメなんだ、

ということとはお話のポイントが違いますよ~。

 

当たり前だけど、念のため。

 

じゃ、天然系、とか天然アロマ配合、

って書いてあれば大丈夫か、というと。

 

確かに、「天然アロマの香り」なんて謳われている商品も見かけますが、

裏(原材料名表記)をひっくり返して確認すると、

全くそうではなかったり(笑)

(天然の香りに似せて作った合成、っていう意味…??

ひえ〜。言葉マジック!)

 

何十トンと作る中に、

ほんのちょこっとだけ天然由来のもの(?)が入っているだけで

「配合」って書いてあるとか…。

 

そもそも、そういったものを製造販売しているのは

大手製薬メーカー、洗剤メーカー。

 

もう、それはほとんど「競争」のように、

より個性的な香り、

よりすごい香り、

より強い香り…とどんどん加熱している気がしませんか?

 

しかも、そういったメーカーは、

TV番組や雑誌の広告主(スポンサー)として絶大な威力を持っていますから、

どんどんCMが流れて私たちの目に触れます。

それぞれ、とっても上手にPR♡いい香りバンザイ!っていう。

 

若くて可愛いタレントさんや、

イケメン俳優さんが、

イヤな臭い(でも、きっと正常な思考で考えたら当たり前のこと)に顔をしかめ、

商品を使ってうっとりとその匂いを嗅いでいるシーンなんかがどんどん流れれば、

 

「そりゃ、使わなければ周囲に迷惑かけてるかも!」となります…。

 

怖すぎるCMの影響力!

(ああ、このあたりのことは、

書き始めたらキリがないので、今日は割愛&自粛。)

 

でも、聴く所によると、

隣市の某中学では、

学校から「強い柔軟剤の使用は控えてください」という

お便りがあったらしいです。

 

そりゃそうです!

 

好きでそういった商品を使用している事の影響が、

我が子だけなら親の責任で済ませられる(いや、済まないか…)だけど、

それが学校でずっと鼻先に臭(…おっと…言い直します)香っていたら、

子どもの集中力なんて育つわけない!!

(学校って、それぞれの席が近いですし、

席も決まってるから避けるわけにもいかないし!)

 

気の毒極まりない状態になってしまう…。

 

しかも、子どもはそのことが原因で…

なんてわからないコもいるかもしれないわけで…。

 

そうやっておたよりを出してくださるなら、

それがありがたいですけれど。

 

実は、今回、どうしたら

合成洗剤や柔軟剤の香りを抜くことができるか、

ニオイが衣類から消えるか、

をFacebookで投げかけたところ、

 

・私もダメなんです

・つわりの時期に困った

・隣のベランダから臭ってくるのがツライ

・保育園のお布団に香りが…

・苦手だと言ったら職場で「変わった人扱い」になってしまっている

・私も解決方法が知りたい

 

…と思っていた以上の反響が。

 

ううう。

 

みなさん、

香害、スメルハラスメントにお困りのようです…。

あの、売り場の盛況、狂いぶりをみていると、

完全にマイノリティ扱いなんだろうな、

と思っていましたが、そうでもなかった(笑)

 

とはいえ、上に書いたとおり、

じゃ、何をお使いですか?

って尋ねるとたぶん、

「それ、すごい入ってるやつですよ!」

ってことも多いかと思うのですが。

 

さて。話を戻します。

どうやったらいいのか、

あれこれ調べたところ、あがってきたのがコレ。

 

セスキ炭酸ソーダ!!!!!

 

そか!その手があった!!!

(我が家にも、常備してあるアイテムだったけれど、たまたまここのところ買い置きをきらしたままだった!!!!)

 

そういえば以前、TVで大掃除に便利と紹介されて。
買いに行ってもやたら店頭から消えていて

「なに?なにかで紹介されたの??なにこの異常事態は!」

たってことがありましたっけ。

 

今や…すっかりブームも去ってしまったのか、

店頭からは見かけなくなっていることも。
(ブームが去れば店頭からなくなる、というのも問題あり…)

 

『そういえば、買い置きなくなってた~』と、

昨日も慌てて買いに行ったら近くのドラッグストアには扱いがなく、その足で隣のホームセンターに駆け込んだのでした。

 

(ドラッグストアでついでに他のモノを買い物している、私の後ろに並んでいた人のカゴの中には、あふれそうな程の本数の柔軟剤が入っていたことは…いうまでもなく。一体私への何のメッセージ!?!?!?(笑))

 

そして、今回セスキを買い求めに回った際、

ちょっと上に書いたようなことをお話したドラッグストアの店員さんも、

「どんどんすごくなっていきますもんねえ…」と苦笑いしてました。。

 

 

さてさて。

 

家に帰ってきて、さっそく、

おススメらしき「つけおき」をお試しすることに。

 

バケツに衣類を入れて、

ヒタヒタになるくらいと指示通りお湯を入れ、

大さじ3杯溶かしてみることに。

待つ、待つ、待つ。

 

…。

 

……。

 

とーれーてーなーい~~~~(泣)

っていうかバケツそのものから臭ってくるじゃないの!!

ダメじゃ~ん。

 

…いや、ここでめげてはいけない!

取れたっていう人もいるのだから!!

 

と、今度は、そのまま洗濯機へ。

 
あ、こんなモードがあったんだ、もしかして?と

高温殺菌というモードをチョイス。

 

大さじ3のセスキ炭酸ソーダを足して。

洗濯機回すこと2時間(高温殺菌モード、長ッ…)。

うちの洗濯機はもう古いので、

融通が利きませんが、

もうちょっと今の洗濯機は融通が利いて、

こんなに長く回さなくてもいいと思うんですが…(笑)

 

…。

どう?

今度はどう?

 

…そーっと嗅いでみる。

 

…と、と、取れてる~~~~~~~!!すっごい!

 

 

すごいぜ、セスキ!
そしていい仕事するぜ、高音モード!

グッジョブ、セスキ!!!

アイラブ、高音モード!!!!!!
てか2時間の効果なのか?なんだろう?
でも取れた!

 

娘とともに、感激を分ちあい、

手に手を取り合って「喜びの舞」を舞う我ら(笑)

いやはや、すーばらしい!!素晴らしい。素敵すぎる。

セスキ炭酸ソーダ。
1袋300円しないのに、いい仕事してくれるわあ!!!

 

が。

 

なにこれ、キレイなはずな布地に若干の汚れが。

あら…。もしや…。

 

洗濯機洗浄もついでにされちゃうくらい

お掃除威力抜群すぎるほど抜群だったようで、

しばらく洗濯機そのものの洗浄をオサボリしていたせいで、
若干の汚れが再付着…した?!(笑)
というオチはご愛嬌。

 

というわけで、もう1度、

我が家で使用している洗剤でかる~く通常モード洗浄して、

ミッション完了~!

 

これは素晴らしい結果でございました。

本当に。

 

とりあえず、今後はこの方法で乗り切ろうと思います。

 

洗濯機の機能として高温殺菌モードとか、

高温洗浄モードとか、温度設定機能、とか、

いろいろあるかと思いますので、

それは洗濯機に合わせて設定してみていただければ。

高めの温水でってことなので。

 

いつものこととはいえ、

長文におつきあいくださってありがとうございました(笑)

 

…実はこれ、途中で書いている途中にどういうわけか、

2度も文章が消えたんですよね…。

2度とも、あと少しで終わるって時に~~!!!

久しぶりにやられました。イチから書き直し~(泣)

なんの圧力?!って一瞬凍りましたが、

ネタを何度も演じているうちに話が熟れていく芸人さんのごとく、

気を取り直して書き直した私です。

備忘録としてどうしても残しておきたかったので。

 

我が家と同じようにスメルハラスメントにお困りの方の少しでもお役に立てば光栄です。


その後のお話と追記


上記の記事。
これを書いたのは、2014年。

今は、我が家では、エッセンシャルオイル入りの洗濯洗剤を使用しています。
抗菌効果が期待できるエッセンシャルオイル「オンガード」入り。

1本のこの容器(946ml・約95回分)の中に「オンガード」エッセンシャルオイルが10ml入っている濃縮タイプの洗濯用洗剤。

【配合エッセンシャルオイル】
オレンジ、クローブ、シナモンバーク、ユーカリプタス、ローズマリー。

はっきり言って、いわゆる、一般的にイメージされるような「匂い」らしい匂いは残りません。

天然、しかも純度が高いエッセンシャルオイルですが、むしろ天然がゆえに、『匂い』っぽい匂い(?!)が残らないのです。

匂いが残る、ことは、そんなに大切なことではない。

エッセンシャルオイルが本来持っている働きが洗濯という行為において得られればそれでいいわけですから。

でもね、それが当たり前、だと私は思っています♡

使ってみたいという方、
気になる!そういうのがいいよぉ〜〜(泣)という方、
はいつでもご紹介させていただきますね!

そして、そもそも、
かつてのうちの娘のように「体質」として改善しなくてはいけないことがある、という方の「健康再構築」へのアドバイスについては、また別のお話としてお伝えしたいと思います。

ちなみに。
合成香料が強い洗剤、柔軟剤を当たり前に使用している家庭の洗濯機は
とても
「壊れやすい」らしいです。
洗剤メーカーと家電メーカー。
どういう繋がりがあるのかは素人には推測の世界でしかないのですが、
洗濯機に「香りしっかりコース」などがあったり、
合成洗剤や柔軟剤に
「香りを楽しみたい方は多めにお使いください」
という記載があったりすることも、
なんだかな…と思ってしまいます。

そんなお話もまだまだ知られていないお話。
まだまだ私の草の根運動は、続きます。


純度が高いエッセンシャルオイルが日常に役立つってどういうこと?

アロマセラピー、と一言に言っても実はそれに違いがあることすら、あまり知られていません。
そう言ったことも少しずつ発信していきたいと思う今日この頃です。
エッセンシャルオイル。「天然」「アロマ」この言葉にすらまだまだ知られていないこと、誤解、認識違いがあるなあ、と。
なんでも一緒じゃない事をもっと知っていただきたいなと思っています。ブログでも少しずつ発信していきますね!



とにかく面倒なのは好きじゃないから、話はともかくまずは試してみたいだけ、という方は、こちらからでもどうぞ。