私たちセラピスト・治療家たちが次に目指していかなくてはいけないこと

これまでとは確実に変わっていく「在り方」…次世代に向けてあなたは何をしますか?

アロマ業界に関わらず、セラピストさんとして、そして治療家として、既に活動をしていらっしゃる方には、サロンや院で、既にエッセンシャルオイルを芳香浴として活用している、という方は多いことと思います。

ただ、今お使いのものと、

dōTERRA【ドテラ】のものは、

全く異なるもの

といっても過言ではないと思います。

せっかく「セラピスト」として「治療家」としての活動をしていらっしゃる(または、目指している)のであれば、
その「精油」にこだわりと、「その一歩先の目的」を持ってみませんか?

CPTG基準という、クオリティの高さ。

それまで1度でもエッセンシャルオイルを使ったことがある方なら、
言葉を失うほどの衝撃があるかと思います。

現役アロマセラピストさんでも、
ビックリされる事が多く、
その瞬間のリアクションを考えても、
dōTERRA【ドテラ】の品質の良さは言うまでもありません。

アメリカでどんな風に使われているのか。
医療現場での導入や、研究機関での結果。

それだけでも、充分、ドテラのエッセンシャルオイルの「可能性」は明白です。

それ以外にも、私には理由があります。

私はセラピストですので、下記の例は「セラピストとして」となりますが、
治療家の先生方、その他、「健康」や「美容業界」の方にも

それぞれご自身に当てはめながらお読みいただければと思います。


もうそこまでやってきている「医療費」問題はもちろんのこと。

それ以外にも、「多様化するセラピー業界」は、
この後もっと、プロとしての幅と奥行きが求められ、
さらに新しい時代がやってくることは言うまでもありません。

dōTERRA【ドテラ】の世界は、
「自分で自分のケアが、家族のケアが、自宅でできること」がメイン。

『セルフケア』を提唱することがメインです。

 

ちょっとだけ考えると
「え?集客につながらないじゃん」
「それって、サロン経営する側として…いいの?」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

それは、「これまでの考え方」です。


考えてみてください。

こんな経験はありませんか?


「そんな時こそサロンに来ていただきたい!」というお客様…
例えば
「お子さんが受験生で大変!」とか
「ご家族の看護介護で疲れていらっしゃる」という方。

「今、忙しくて…なかなか伺えません。
落ち着いたら伺いますね!」


…そんな時、私たちセラピストは思います。

「いつも通ってきてくださる大切なお客様に、
 何かしてさしあげたいけれど、

 それが思うように叶わないこのジレンマって!!」

 私たちは何のために誰のためにセラピスト活動をしているのでしょう?

 クライアントさんにとっての本当の“いい状態”ってどうなってもらうこと?

ちょっとキャリアのあるセラピストさんで、
この壁にぶち当たった事がない人はいませんよね〜!(大笑)

先に述べたように、
dōTERRA【ドテラ】の在り方は、
自立したセルフケア。

あなたが持っている知識や智恵をお伝えして、

クライアントさんが楽しみながら、

ご家庭を中心に、
ご自身やご家族に実践し、

健康を維持していただくこと、のサポートをしていきませんか?


何が「楽しい」のか、
どこが「面白い!」のか、
どうして「仕事としてもおススメ」なのか。

ドテラに出会う前の私よりも、
今の私の「在り方」は最前線だという確信があります。

また、私、竹下育子は、コンサル業も得意な分野です。
あなたのお仕事に、どう組み合わせたら
エッセンシャルオイルが持つ、無限の可能性を感じられるのか。

ご縁のあった方に、余すところなくお伝えしております。